牛のおっぱい

うしのおっぱい食べてみたのです。

誕生日に、牛のおっぱいを。

このもうすぐ終わるであろう短かった恋は

ふわふわのおっぱいに傷を残してでもそれを抱きしめられるそんな恋であろうか。

牛は交尾のときには涙を流すのだろうか。

ふわふわのおっぱいではたくさんの傷は残せないからひとつひとつの傷は深くなるのだろう…

曲げないもの

悩みは絶えずとも

優しく誠実にを心がけて生きていますけど、

たまに意地悪する人はいるけれど、

結局のところ嫌なものは嫌(なんかきれいでないと思ってしまって嫌な感じ、というものがある。そしてそれが絶対的価値観だという場所もある…嫌だからうまく行かなくなる…)

…と自分を曲げないでいてそれでうまく行かなくっても、そんなの一時的で、

結局のところ好意的に思ってくれる人にその後出会ってきたから、

大丈夫だって思える🙆

読んだ本①

f:id:unikouni:20170716015025j:image

コーヒーと恋愛 獅子文六

面白かった…!

仕事は手段だ(目的であるとまちがってはいけない)


f:id:unikouni:20170714232551j:image

今の仕事をする前、私は何かしらかの表現することを、できれば仕事で、お金にならなくてもそういうことを中心とした生活をしたいと考えてきた。

数年勉強して、数年忙しく働き(そのあいだなんだかんだ家のことが大変だったり)、その間に、趣味も好きなものも自分の世界もどこかに忘れてきてしまっていた。もともとは、金銭的に追い詰められて、まず生活を確保してからそれらに取り組もうと思っていたのに。今となってはそれらが何だったのかは思い出せないくらいにちりぢりばらばらになってしまった。この夏は大切にしてたものが何だったのかを思い出す夏にしたい。しごとはあくまで生活を安定させて、お金を稼ぐ手段だということを忘れずに…

だから私は休暇でも仕事の息抜きとしての旅行はしないし(単純に行ってみたいところがあれば行く)

ランチにお金をかける必要もない。

環境は整ったはずだから、その次にやろうとしていたことをまずは思い出そう。

 

spotify


Rhythm & Blues, a song by The Head and the Heart on Spotify  

Spotifyおもしろいなぁー。インディーもの色々と聞いてるけどすぐアーティスト名とかわすれちゃうのだけど、ここ半年くらいの名曲一曲メモっておこう。

ちょっとした勉強しながら聞いてるといい曲に出会っちゃったりして全然はかどらない!

お別れすることにした

表向きの理由でもあり、本音でもあるのは、私は東京で仕事を続けたいから福岡には住むことができないということ。

タイミングを見計らってるのかもしれないけど、子供に会わせてもらってもいないし、だったら、未来が描けないってこと。

正直、子供3人の生活は働いていたい私には無理だということ。

さようならするつもりはなかったんだけど、もう、精神的にも、好きな人に迷惑かけてしまわないためにも、6月に行ったら感謝とお別れをしてこよう。。

なにかやるってこと

知り合いに、酔っ払ったときの想いを垂れ流すのがはばかられたから、ブログ作ってみたんだけど

 

収入が安定してきた今、やりたかったことをもう一度やってみたいな

 

音楽と絵をやってみたいな

 

子供とか作っちゃったらまた責任が出ちゃうと思うから、その前に、思いおこすことなく…